【国会書き起こし】H24.2.22 参院 国民生活・経済・社会保障調査会 藤井聡 参考人質疑 ~勘違いデフレ不況~

H24.2.22 参議院 国民生活・経済・社会保障に関する調査会 参考人質疑

※まずは冒頭の意見だけ.後半の質疑はまた後日.

【見どころ】

・日本のデフレは勘違いが原因である.
・長いけど藤井教授のパートだけでも絶対に観ておくべき.
・マクロ経済って何?っていう人にも大変解りやすい説明.
熱い

【関連】
H24.3.22 参院予算委公聴会 藤井聡 公述人意見 ~ 学者生命を賭けて断言!消費増税は嘘まみれの愚策 ~


※本サイトの資料画像は,京都大学 藤井研究室のサイトで公開されているものを転載させていただいています.関係者の方,もし問題があればご指摘ください.




ニコ動版


youtube版


20120222藤井聡_資料01
#資料1

20120222藤井聡_01 藤井

はい.えーそれでは,あのー京都大学の藤井聡でございます.

本日は斯様な機会,頂戴いたしまして,まことにありがとうございます.本日,あのー頂戴いたしましたタイトルが

内需主導の経済成長と外需,輸出も含めた経済成長について

ということで,20分ほどお話させていただきたいと…思います.

まず,あのー最初にですね,このスライドをご覧いただきたいと思います.


20120222藤井聡_資料02

#資料2

20120222藤井聡_01 藤井

こちらには,パターンA,パターンBと書かせて頂いてございますが,これは成長論のふたつのパターンでございます.

パターンAをご覧いただきますと…読ませていただきます.

日本は貿易立国で,少子高齢化内需の拡大はもう望めないと.だから,もう外に打って出るしか経済成長はできないと.また,公共事業の効果は既にさく,また,借金日本政府はもう破綻寸前であると.

だから,デフレ脱却のためにも,構造改革自由貿易推進による成長戦略が必要であると.

ま,これがパターンAでございます.

えーと,タイトルとしてはあの,か…改革・貿易成長論と.まぁそんなふうに言えるかと思います.



20120222藤井聡_01 藤井

で,これとはまた趣の違った,パターンBの成長論がございます.読ませて頂きます.

デフレのぎょ…原因は,需要不足であり,これを埋めるためにも日銀による金融緩和と,政府による財政出動の…ワンセットの…取り組みが不可欠であると.

一方,日本の国債は大半が国内で消化され,かつ全て円建てなので,国債の発行に大きな支障は無い…それほど大きな支障は無いと.

だから,国債による資金調達で大規模な財政出動を行うと同時に,大規模な金融政策を実施し,デフレ脱却,そして財政健全化を果たすべきである.というパターンでございます.

これは要するに,財出と金融緩和をやって,でそれを通じて成長しましょうと.いうパターンでございます.



20120222藤井聡_01 藤井

…で,経済理論をよくご存知な方はこのパターンAの議論とパターンBの議論があると言うことはご存知だと思いますが,

このパターンAとパターンB,どちらのパターンを皆さん支持されるか

という事を考えますと,多くの国民を含めまして…多くの国民を含めまして恐らくは,パターンAを,ま支持するのは…(パターンAを支持する)という状況にあるのではないかなと思います.


20120222藤井聡_資料03

#資料3

20120222藤井聡_01 藤井

これなぜかというとですね,これあの,過去1年間の新聞の社説の中で経済を取り扱った851本…あの大手5紙でありますけども(850)1本分析したところですね,このパターンAパターンB…に…が占める割合が9割を超えていると.で,それ以外のパターンというのはほとんど見られないんですね.

それ以外のパターンというのは要するにあの,えーっと,エネルギー問題どうしなアカンとかですね,えーと雇用確保をせなアカンとか…まぁなんか一般的な話であって,だいたい,こうしなアカン,ああしなアカンとかって言うパターンA,パターンBが大半を占めて,それが9割なんですが,ご覧のように

88.3%パターンAでございます.



20120222藤井聡_01 藤井

要するに

構造改革をやって自由貿易を推進したら日本の経済良うなりまんのや

と.まw言う話がですねwこの88%を占めていて…

なんとwパターンBの経済理論では,あの当然ながらある理論なんですけれども,このパターンBの理論はw

たった1.7%www…1年間かけてwww15本wしかないというwww

あのw…ほとんどギャグのような差がございます.

で,こういうような世論環境…マスコミ環境でございますから,多くの,心ある国民も含めてですね,パターンAを支持することは致し方ないと.いうふうに思います.



20120222藤井聡_01 藤井

…しかしながら,これは当然でございますけれども,多くの人々がどちらを支持するかと言う事と,それと真実はどちらにあるかという事は別であります.


20120222藤井聡_資料04

#資料4

20120222藤井聡_01 藤井

世論,あるいは学会の定説も含めて,そういう世論と真実は一致しているとは限らない…というか,おおよそ京都大学では真実は少数派に宿るという教えを,いろんな先生方から伺ってございますので,あんまり…88%もの人が同じような事を全体主義的に言うてると,

ちょっと何かおかしいんちゃうか?

と,いうふうに思うというのが,これあの,我々…えー学者と言いましょうか,あの真実を追及する人間の,あのー態度でございます.



20120222藤井聡_01 藤井

という事で.

パターンAパターンBと言うのを考えますと,パターンAがとにかくよく支持されているわけでありますけども,どちらが正しいかと言う事を少し考えたいと.いうお話を今からいたしたいと思います.

で,どちらが正しいかと言う事を考える時にあたって,事実と,パターンAパターンBどちらがせいこ…整合しているのかと言う事を考えることが全ての出発点であります.


20120222藤井聡_資料05

#資料5

20120222藤井聡_01 藤井

で,それを考えたところ,残念ながらパターンAには,基本的な,極めて深刻な過ち誤認誤謬というものが…誤った認識というものが存在していると,いう事を,私どもの,あのいろいろなデータ分析から明らかになっておりますので,それをまず,ご紹介したいと思います.


20120222藤井聡_資料06

#資料6

20120222藤井聡_01 藤井

まず,「構造改革自由経貿易推進で経済成長論」に見る誤った認識のその1でありますが,よく言われますのが少子高齢化で内需の拡大は望めないと…言う事はもうそんじょそこらと言いましょうか,そこらじゅうで,居酒屋であろうが喫茶店であろうが,どこに行ってもこんな話はもう…電車乗っててもいっつもこんな話ばっかりよく聞くんですけど,これもめちゃめちゃ間違いであります.

どういうふうに間違いかというと,まずですね,ドイツとかロシアというのは少子高齢化,してるんですが残念ながらw経済成長してはるんですねw

ですから,せい…あの少子高齢化やったら経済成長できないっちゅうのは,そもそも事実と反しています.



20120222藤井聡_01 藤井

でしかも,理屈で考えましても,仮に人口が1%とか2%とか,過激に減っていったとしてもですね,一人当たりのGDP3~4%伸びればそれでもうチャラで,経済成長できると.

で,一人当たりのGDPが伸びるということは,普段いつも餃子食べてはる人がもうちょっとええモン食べるようになったらですね,それだけでwそれだけで一人当たりのGDPって伸びるわけであります.

で,どんどんどんどん安いモンばっかり食べるようになってるさかいに,一人当たりのGDPが下がって行くという事もあって,それでデフレになってるちゅうような話ですから,少子高齢化をすればデフレ圧力…デフレになるという圧力は存在すると言う事を僕は否定はしないですが,

だからといって経済成長は望めないというのは,

真っ赤な.真っ赤な嘘であると言うことをまず第1点…指摘しておきたいと思います.



20120222藤井聡_01 藤井

で第2でありますけども,日本が経済成長するには外に打って出るしかない.もう去年1年間の新聞,さんざん分析してさんざん…何度も読み返しましたですけども,こればっかり言われておりますけども,

これも完っ全な事実誤認であるということをまず,ご紹介したいと思います.


20120222藤井聡_資料07

#資料7

20120222藤井聡_01 藤井

で,そもそもでありますけど,日本の貿易依存度,輸出依存度は諸外国の中でも取り立てて低く,典型的な内需主導経済であります.これ後ほどデータでお示ししますが,9割近くが内需であります.

で,しかも…とはいいながら1割の輸出の部分が…1割強の輸出の部分があるんですが,それが伸びることを通じて経済が成長することだって,当然ながらありえるんですが,それは2008年までのリーマンショックまでならばそれは容易であったかもしれませんけれども,現在リーマンショックで,でしかもヨーロッパエライ事になってますし,中国のバブルも何時崩壊するかわからへんような状況になってますから,その我々の作ったモノをですね,買ってくれはる大金持ち外国にようさん居るとは,到底考えられないと.…言う状況に2008年以降,なっていると.いう事であります.

で,しかも!

しかも!!
しかも!!!
しかも!!!!


強烈な円高でございますから,もうこの状況で外に売って稼ぐという事は,不可能とは言いませんけど極めて厳しいという事は,

火を見るよりも明らかであります.



20120222藤井聡_01 藤井

で,この1点目の内需主導型の経済という部分でありますけども,これもあの,統計を見ますと,内需と外需の棒グラフを見ると一目瞭然でございます.もう7倍の開きがあります.


20120222藤井聡_資料08

#資料8

20120222藤井聡_01 藤井

に言いますと,外需が不要とは言いませんけども,仮に外需がゼロになったとしても,内需が1割程度…1割強伸びれば,その部分はもう,補償できるわけであります.

で,に言いますと外需になったところでGDP全体はいってん…1.数割ぐらいしか伸びないと.10%とか11%しか…20%も伸びないわけです.

ところが,内需2倍になったらGDPほとんど2倍になると.いうことであって,効率的経済成長を果たすと言う事を考えるならば,

どう考えても!

どう考えても!


内需主導でやるという事が効率的であると言うことを,申し上げたいと思います.


20120222藤井聡_資料09

#資料9

20120222藤井聡_01 藤井

で,国際比較でありますけども,これはTPP参加国,10カ国の比較でありますけれども,ご覧のように,輸出依存度というのは,もう世界最低水準でありますから,このような内需主導の国の,国家の経済の成長を考えるにあたって,外需ばかりを言うというのは,完全な誤謬―誤り―であるという事を,まず皆様にご理解頂きたいと.いうふうに思います.

で3つめ.


20120222藤井聡_資料10

#資料10

20120222藤井聡_01 藤井

…これもまたよく言われます

日本政府の破綻はそこまで来ていると.

でこれは,破綻することは無いとは私は申し上げませんけれども,危ない危ないと…

そらもう,外を歩いてたら…そらなんかこう,飛行機が降ってくるかもしれませんし,何かもう大きな隕石か何かで死ぬかもしれませんから,それは安全なことなんか無いので,何が起こるかわからないんですけれども,

そこまで心配するものかどうかという点は,冷静に考える必要があると.

残念ながらこれも,誤った深刻な誤謬であって,まず第1点でありますけども,日本国債は全て円建てであるという点から考えますと,ギリシャとか,さらには…あーまぁギリシャとは全然違うわけですね.

でギリシャと日本とどう違うかというと,ギリシャが借金してはんのは,あれユーロでありますから.あのーギリシャ政府は残念ながら,ユーロを刷る権限を持たないんですが,日本政府は…ま日本政府と言いましょうか,日本国家はそれを持っていると言う点であります.

でその点において,ギリシャと似ているのはじつは夕張なんですね.夕張は経済が破綻する時に,中央銀行を持たない,それを耳を揃えて返す時に,金融政策を打つことができないのであります.

ところが,日本政府は金融政策を打つことが不可能では絶対に無いという点で,全くギリシャと違うという事を,多くの国民は看過…見過ごしております.



20120222藤井聡_01 藤井

第2点でありますけど,これもよく言われるのが…1点目をご存知の方もよく言われるのが,投げ売りがあった時に日本経済が大混乱に陥ると.

こう言うわけでありますけども,当然ながら,東電がですね,あの事故があった時に,あの株が投げ売りになって,それで暴落したと言うことはあるんですけれども,東電には残念ながらアコードをするような中央政府はついて…中央銀行は付いていないんですが,日本政府の場合は,中央銀行というものが存在していると,言う点が全然違います.

従って,一つのオペレーションとして投げ売りがあったとしても,その投げ売りがされたものを日銀が買い支えるという事が,決して不可能ではありません.これをするかどうかは別でありますけども,不可能ではないと.

でしかもしれは,するようにする事はこれはもう,国家として常識であります.

それFRBだってどこだって,それは当然ながらやるのであります.で,でしかもですよ,でその時に,あのー深刻な投げ売りでそれを日銀が全部買ったら,ハイパーインフレになるという事を,ようさん言わはるんですけども,



20120222藤井聡_何言うて 

何言うてはんのやろ?

と僕は思います.



20120222藤井聡_01 藤井

そもそも,1000兆円しかないわけであります.

で,1000兆円の全てが売りに出されるということはありません.

私の友人と言いますか,私の知り合いの証券会社の方々に,じつはアンケートをとって,最大何割投げ売りされると思いますかと聞いたときに,まぁ一人か…一人だけ100%っていう,なんか,ようわからん人もいましたけれども,99%の方は,2割3割というのが関の山だとおっしゃってます.

で,2割か3割という事は,200兆か300兆であります.200兆か300兆の金融緩和というのは,じつはFRBがやってる金融緩和とほとんど一緒なんですね.あれはアメリカというのは,意図的にXデーを呼び込んだようなものであって,実はそれであの,デフレ脱却の一つの重要な,あの契機になるという事すら考えられるわけであります.



20120222藤井聡_01 藤井

いずれにしても,今深刻なデフレでありますから,投げ売りがあって,それを日銀が全て買い支えたとしても,深刻なインフレになるとはどう考えても考えられないと.いうのがこれ市場の判断であります.

でしかも,9割以上が日本国内の投資家であって,しかもその9割以上の中の半分…半分とまでは言いませんが多くの割合がですね,政府系金融機関でありますから,そもそも投げ売りのリスクは,さして高くないわけなんです.あの,投げ売りのリスクがゼロだと言っているわけでは無いですけれども,高くないという事であります.

で,だから市場の判断は,国債の金利というものは今,非常に低い水準をずっと漂っていると,いうことであります.

従って日本政府の破綻がそこまで来ているというのは,

全くデータを知らないか,
経済理論を知らない
か,
あるいは知ってて嘘をついてる
か.

その3つのうちのどれかであります.


20120222藤井聡_資料11

#資料11

20120222藤井聡_01 藤井

さて,4つめの誤認でありますけれども,公共事業は無駄であって,景気対策としての効果は薄いと.

これもまた20年ぐらい,さんざん言われてるんですが,めちゃめちゃこれも間違えてます.

第1に…皆さん冷静になって考えてください.

首都直下型地震が来るかも…しれないと言われていて,しかも東海,南海,東南海地震が来るかもしれないと言われてて,しかもインフラの老朽化が激しいと言われてる時,どう考えても,首都の防衛とか国土の防衛のために

…そら無駄な公共事業が無いとは僕は言いませんけれども

必要な公共事業は山のようにあるわけであります.

必要な公共事業…無駄な公共事業をやるんじゃなくて,必要な公共事業を選んでやれば良いと言うだけの話なんです.これが第1点.



20120222藤井聡_01 藤井

で第2点.あの乗数効果低いと低いと言う人が多いんですけども,インフレの時低くなる可能性はあります.なぜならば,あの政府がこう,いろいろやると,それであの民業圧迫というのが起こるというのがあってですね,これクラウディングアウトって言うんですけれども,それが起こって,あのー公共事業の経済刺激効果て低くなるかもしれないんですが,今はデフレーションなので,クラウディングアウトすなわち民業圧迫が起こらないので,政府が幾ら仕事をやってもそれで民間の仕事が減るという効果はほとん…まぁほとんどというかひっじょーに低いわけであります.

で,クラウディングアウトと言うものに関しては,あの,経済理論…経済学科などでもよく議論されるんですけども,それはもう,海外においては無いという事がもう,ほぼ定説になっております.

しかも,しかもですね2008年を迎えたアメリカの,えーとスティグリッツとかクルーグマンとかのアメリカの経済学者は,それまではマネタリストでとにかく金融緩和だけやったらデフレ脱却できると言っていた人ですら,2008年以降は,


20120222藤井聡_すんまへん 

いや,すんまへん間違えてましたw

と.やっぱりガンガン公共投資

あのー財出をやらへんかったらデフレ脱却できまへんねんw



20120222藤井聡_01 藤井

…ということを…ま関西弁ちゃうと思いますけども,スティグリッツですが,スティグリッツとかクルーグマンとか言うとるわけであります.

で,その…そそ,そのえーっと助言に従って,アメリカなんと!…まぁまぁ,為替レートの変換のしかたにも依りますけども,400兆政府支出拡大を行っているのであります.

それがあってようやく今のアメリカ景気の底支えが…なってる一方日本はそれをやらないといけないところで…



20120222藤井聡_何言うて 

コンクリートから人へでw 削ってるんですからww

そんなもん景気が良ぅなるはず無いのになぁ



20120222藤井聡_01 藤井

…と,学者として思います.

で,3番目でありますが,デフレの今,公共投資はデフレ脱却の切り札であることは,後でまたご紹介したいと思います.



20120222藤井聡_資料12

#資料12

20120222藤井聡_01 藤井

この5つめ.

これも是非!国会の先生方!日本国民の皆さん含めて,是非!

この5つめの誤認を解いてください.今日から!

この瞬間から皆さんこの勘違いをやめてください!

「規制緩和で経済成長」


規制緩和で経済成長することはありますけれども,しないこともある.あるいは,経済が停滞するという事もあると言うことを,お話をしたいと思います.

最も深刻な誤った誤認であって…

今はデフレであります.デフレとは何かと言うと,

供給過剰

であります.需要と供給があって,供給が多いからデフレになっていると.これはもう,常識であります.

で,規制緩和というのは,供給を増やす事です.



20120222藤井聡_01 藤井

一番典型なのはタクシーです.タクシーの業界というのはですね,需給バランスをちゃんと保つためにですね,規制を緩和しなくて…規制があったんですけれども,規制が…緩和が(によって)無くなってしまってタクシーの台数がごっつ増えてしまって,今もう,ドライバーさん一人当たりの給料もの凄い減ってるんです.

もうデフレが一番激しい沖縄なんていうのは,ドライバーさん一人当たりの給料

―これホンマですよ?―

90万円
を切ってるんです.しょ…年間所得が.

それぐらいまでに,それぐらいまでにデフレーション深刻化になって,でしかも,あの給料が国民所得が下がっているのは,規制緩和をやったからなんです.

このデフレの状況下で.インフレの時には規制緩和ということをやって,インフレ不況を抑えるという事が必要なんですが,その真逆のデフレの状況においては,

規制緩和は
対 絶 やってはいけなかった

にもかかわらず,過去15年間やり倒したわけであります.

それが日本のデフレーションの重要な原因である
と言うことを,

全員の国会議員の皆様方に,是非!理解して頂きたい
と思います.



20120222藤井聡_01 藤井

もう少しデフレについてご紹介したいと思います.

デフレというのは今ご紹介しましたように,需要と供給のインバランスであって,ご覧のように供給の方が多いと.


20120222藤井聡_資料13

#資料13

20120222藤井聡_01 藤井

供給の方が多いと言うことは,要するに,牛丼屋さんで,昔あのよし…吉野屋しか無かったところに松屋とかナントカがこう,増えてきて,ようさんお店が増えたら値段が下がりまんねんちゅう話であります.

でそうなると,値段が下がると,各企業の収益が下がります.各企業の収益が下がると,各企業が投資しようという意欲も下がりますし,でさらに,しょ…しょ,所得も減るわけであります.

従って,お金が無くなっていくので,みんなお金使わなくなります.みんなお金使わなくなるので結局,需要がさらに減ります.そして需要がさらに減ってそれを通じて,デフレギャップがさらに広がります.

で,ここまで来るとですね,いやもこんな商売やってても,なんかえーもう先行き不安やからエライこっちゃって事でみんな思います.そうなると,どんどんどんどん,投資をしなくなります.あの先行き不安でどんどん投資をしなくなる

で,そのうち何が起こるかというと,こんだけデフレギャップがあると,余ってる店がいっぱいあると言うことですから,店が潰れていくんです.企業が潰れていくんです.

で,企業がこうやって潰れていくと,要するに供給量が減っていきます.で,企業が潰れる失業者が出ます.失業者が出ますと,彼らはあんまりお金を使うことができません.投資もできません.従って,さらに需要が減ります.

でこうやってもの凄いエゲツ無いスパイラルが,どんどんどんどん回って日本のGDPがどんどん下がっていくわけであります.


…ちょと失礼します.(水補給)


\ワハハハ/

20120222藤井聡_01 藤井

ハァ…

はいっ!あの頑張って今からまた話しますけどもw

えーっとこのデフレギャップをですね…

要するにデフレギャップが存在しているがゆえにデフレになっている

という事は,これもう教科書通りのお話であります.

で,これを防ぐにはもう一つしか方法がありません.これ以外,何の方法もありません.

デフレギャップを埋める
んです.

需要と供給のバランスを保つ
んです.


20120222藤井聡_資料14

#資料14

20120222藤井聡_01 藤井

これをするとですね,皆さんの…国民の所得られ,各企業の収益られるんです.給料も下がらへんし,収益もちゃんとあったらですね,経済というのは成長していくんです.

で従って,次の年に履かさないといけない下駄の高さは低くなります.でこれをちゃんと下駄を履かせて所得を守っておくと,どんどんどんどん経済が3年…ないしは5年ぐらいでですね,あのちゃんと回復すると.

これがデフレ脱却の唯一の方法であります.



20120222藤井聡_01 藤井

…ということで,に言うと…こうやるとデフレ脱却できるんですが,とある3つのことをやると,デフレが悪化するという事が,理論的に演繹されます.


20120222藤井聡_資料15

#資料15

20120222藤井聡_01 藤井

ひとつ目.規制緩和

これ先ほど申し上げた通り,需要と供給でデフレギャップ埋めなあかんのに,供給が増えてさらにデフレギャップが広がるわけです.

ふたつ目.せっかく下駄履かすために公共投資やってるのが,これが…公共投資を削減したら,下駄がw無くなってwデフレギャップが広がるんです.これがふたつ目.

みっつ目.そもそもの需要というものがあるんですが,消費税かけるとこれがさらに縮むんです.

従って,この3つを同時にやれば,デフレギャップはさらに広がって,

どんな立派な国民経済…どんな立派な国民が居たとしてもですね,その国は完全なデフレに陥ります.

で,これら全てを,90年代後半から…



20120222藤井聡_やり倒し 

この国は,やり倒しよったわけであります(怒)



20120222藤井聡_01 藤井

やり倒したのでもう,デフレが悪化しないわけが無いのであって,しかも,現政権下においても,これをさらに,さらに続けようとしてるわけであってもう,これ,



20120222藤井聡_やり倒し 

殺す気か!(怒)

…ちゅう話であります.



20120222藤井聡_やり倒し 

何してくれてんねん!(激怒)

…ちゅうのが,私の主張でございます.


20120222藤井聡_資料16

#資料16

20120222藤井聡_01 藤井

で,これ1点だけでございますけれども,例えばもう,ご覧のように,全ての国がもうみんなインフレで,国が普通に公共投資をですね2倍とか3倍に膨らませてる中で,日本だけは半分にしてるんであります.

デフレの国でw こんだけ減らしてww

そらデフレになるわさwww


という話でございます.



20120222藤井聡_01 藤井

で,この大マヌケな経済政策のこの3連チャンが,何をこの我が国にもたらしたかというと

2000兆円~4000兆円
規模の大損害であります.


20120222藤井聡_資料17

#資料17

20120222藤井聡_01 藤井

どういう事か.これが名目GDPの推移なんですけども,ご覧のように日本以外は全部経済成長してます.

中国だけで無くヨーロッパもアメリカも全部経済成長してるんですが,97年構造改革,いろんなあの,規制緩和,改革等々をやった時からですね,日本は増税等々してあのデフレになりました.

で,ご覧のように日本だけ経済成長できなくなって,で,この間,

もう公共事業削る構造改革はやるわコンクリから人へは言うわ.

もうめちゃめちゃやっとるわけであります.

こんなめちゃめちゃな事やって,そんなもん経済成長するはずあるかいな
っちゅー話であります.



20120222藤井聡_01 藤井

で,そんなアホらしいことしんと,アホなことせんとですね,ちゃんと普通の,大人の国家としての経済政策を行ってたら,これぐらい行ってたはずなんです.


20120222藤井聡_資料17-2

#資料17抜粋

20120222藤井聡_01 藤井

これどういう事かというとですね,経済成長の世界平均…日本を除く世界平均で推移したら,なんと日本は1200兆円ぐらいのGDPになってるんです.

で,当然ながら多くの論者はですね,いやいや日本は成熟社会だからそこまで行かないよと言う人も居るでしょうから,まぁまぁ,渋々ですね1/3しか成長率が無かった場合ちゅうのも計算しましたけど,700兆800兆ぐらいのGDPにもなるんですよ.

とすると,普通にやっとけばもう4百何十兆ちゅう話じゃなくてもう,普通で,もうどんだけボチボチやっても7百兆か8百兆ぐらいのGDPがあったはずなんです.


20120222藤井聡_資料17

#資料17(再掲)

20120222藤井聡_01 藤井

で,問題はこの斜線部分であります.斜線部分は一体何か.…というと,ヘンテコリンな経済政策やってしもた事によって我が日本国民がどんだけ損したかという話であります.

これ全部計算すると2008年だけで2000兆円損してるとw

で,これもう平均シナリオの場合は…4000兆円損してると.

これ(今は)2011年ですからもう5000兆円行ってるぐらいの話であります.


20120222藤井聡_01 藤井

で,こんな事をやってるとですね,(失われた分の)5000兆円あれば借金返す事ができるわ,リニアなんて2,3本作ることができるかもしれませんし,場合によっちゃ社会保障だって,ものスゴええ病院とか作ることができるかもしれませんし.

で,しかもその(GDPが)1200兆円の国やったらそんなアジアとかアメリカとかソ連とかに,いやいやあの国ちょっとヤバイなと思われるですよ.475兆円…ああちょっとショボなりよったと思われる事があって,要するに国際的な地位凋落してるわけであります.

それを一言で言いますと,つまりデフレ日本経済力の凋落とか,失業国民所得の減少の直接的な原因のみで…あるのみならず,財政悪化…これまた後ほど申し上げます円高の原因にもなってるし,外交力の低下にもなってるし,必要な公共政策の未実施,防災国防教育社会保障等々の,必要な公共政策の未実施に繋がってるわけであります.


20120222藤井聡_資料18

#資料18

20120222藤井聡_01 藤井

しかも,こんだけデフレやったら子供も作らなくなります.国民は.

人口減少…もともと人口減少傾向があったのが,さらにドライブさせられてあって,でしかも社会保障費増加しているわけであります.その…失業者増えてますから.

で,ということで,今,国会の先生方が色々とご議論されている,全てと言って良いぐらいの,

ほとんどの問題の背後にデフレというものがある
んです

だから,

デフレの脱却こそが,日本を救うことの最大の政治課題である

という事を先生方にご理解頂きたいと思います.


20120222藤井聡_01 藤井

で,今までの話をまとめますとですね,

公共事業ムダやとか,規制緩和で経済成長せいとか,そんなことばっかり言うとるわけです.でしかもそれは,大手新聞社の88%毎日毎日それを言うてるわけであります.そしたら国民が,あ,そうなんかなぁと思うようになるわけであります.

従って,今の日本のデフレというものは

国民総勘違いデフレ不況なんですね.

全員が,国民が勘違いして,なんかもう,やったらあかんこと火事にもうは撒くはもう,塗るわそんなことやってですね,もう勘違いしてそれがあったらええとか思ってこんな事なってしもとるわけで,

もうぜひこの勘違いを是正頂きたい

というのが私の強い願いでございます.


20120222藤井聡_資料19

#資料19

20120222藤井聡_01 藤井

ただし!

最後の…前のスライドでございますが,私が今申し上げたのは,構造改革がダメだとか,公共事業が必要だとか言ってますけども,私が申し上げてるのは,

構造改革が常に×
で,
公共事業が常に○


という事ではありません


20120222藤井聡_資料20

#資料20

20120222藤井聡_01 藤井

絶対そういう事はありません.

それは,構造改革が常に○やとか,公共事業が常に×やとか,

今の日本がやってる事
とほとんど…というか全く同じ程に愚かしい事であります.

重要なのは,どのタイミングで何をやるかという事であります.


20120222藤井聡_資料21

#資料21

20120222藤井聡_01 藤井

で,重要なポイントは,インフレ期デフレ期でやるべき対策というものは分けるべきだという事です.

インフレというのはそもそも,需要くて経済がアッチ!アッチ!アツゥ!みたいな感じになっとる時であります.で,そういう時はアツゥ!となってるので,冷ましたら良いんです.

逆にあの,デフレの時というのは需要なくてもう,なんかもうぬる~…なんかもう冷たなってるんで,暖めるような,経済を暖める対策が必要なんです.

だから,インフレの時には冷ます必要ですから緊縮財政が必要なんです.

一方でデフレの時には積極財政が必要なんです.



20120222藤井聡_01 藤井

もうちょっと細かく言うと,せい…インフレの時は政府支出ったり,公務員ったりするのが良いんですけど,デフレの時は政府支出拡大したり,公共の,公的雇用拡大する必要があります.

でさらに,インフレの時には増税が必要ですけどデフレの時にはもう,投資減税なんかが必要になるんです.

でさらにインフレの時には規制緩和というものが必要になりますけども,デフレの時にはそれは絶対にやっちゃダメで,じつは雇用の保護なんかが必要なんです.

さらに貿易で言うと,インフレの時には自由貿易をさらに…あの,えー推進してですね,ほんであの舶来モンとかいっぱい輸入することが必要になってくるんですけど,デフレの時それやってしもたら,デフレがさらに悪化してしまうので,保護貿易こそが求められているんです.

従って,

インフレの時に必要な事
と,
デフレの時に必要な事とを,
綺麗にに分けて頂きたいと.

これはもう,日本中の全員の経済学者に,私は理解頂きたいと思います.


20120222藤井聡_資料22

#資料22

20120222藤井聡_01 藤井

で,これ一つのでありますけども,私がいつも敬愛しているところの宍戸駿太郎という元経済企画庁の先生が,元経済企画庁にあった,ちゃんとしたモデルを使って計算したところ,私が申し上げたような事を250兆円規模でやると,10年後に874兆円程度のGDPになるんじゃないかという事も計算されてます.



20120222藤井聡_宣伝 ←藤井教授支援アフィ

そのあたりのことは,昨日発売になりました「救国のレジリエンス」というの中で紹介してございますので,またそれをご覧頂ければと思いますけれども詳しくは.



20120222藤井聡_01 藤井

いずれにしても,きちんとした…

きちんとした経済対策をすれば,我が国はいくらでも経済成長できる

ということをご理解頂きたいと思います.


20120222藤井聡_資料23

#資料23

20120222藤井聡_01 藤井

で最後に外需の獲得でありますけれども,要するに内需を拡大するとですね,ようさん僕らモノを買うようになります.ようさんモノを買う.

モノを買うという事は,ドルが…モノを買うという事はあの,円を売ってドルを買うようになります.

で,円売りドル買いがようさん進むので,円安になります.で,円安になると,なんと内需を拡大すると,輸出産業も拡大することになるんです.

ええことばっかりちゅう事であります.

ですから,内需を拡大することこそが,輸出産業のためにも必要だと,いう事も,おまけで一つ申し上げておきたいと思います.



20120222藤井聡_01 藤井

…最後でございます.


20120222藤井聡_資料24

#資料24

20120222藤井聡_01 藤井

学会マスコミ世論の全てを巻き込んだ日本全体の思い違いによってデフレ不況になっている状況から抜け出すためには,レジームの大きなチェンジ

―レジームチェンジ―

大きな大転換が必要であると.

A
からBへの転換.

貿易とか改革成長論とかから,財出とか金融緩和成長論に対しての,

大きな…それに向けての大きな大転換が必要であるという事を申し上げたいと思います.

デフレ脱却
,本格的な国土強靱化世界恐慌対策

それらが全て求められてる,この2012年にですね,ぜひとも,この大きなレジームチェンジを,先生方のお力で何とかして頂いて,

日本国民を救って頂きたい
と思います.以上でございます.





【編集後記】

藤井教授は日本のデフレを国民総勘違いによるものと表現してはいるが,問題の根本は,政府マスコミがその勘違いを正そうとしないことだろう.

総理大臣に至っては,ここまで公式に指摘されてもなお,顧みるどころか

消費増税に
政治生命を賭けると言って聞かない.

また他にもTPPだのFTAだのによる自由貿易推進公務員削減公共事業削減等々,誤った経済政策を必死で推進しようとする姿.

さらには国外への資金流出を促進する政策の数々,電力の安定供給に対する無策による製造業軽視

極めつけは国土の防衛の軽視や弱腰な対応等々.

これらの政策を,政府にしろマスコミにしろ,外国人から金を貰っている人間たちが進めようとしているともなれば,そこに何らかの作為があるとわざるを得ない.


つまり,意図的に勘違いを継続しているのではないか.という疑義


今まさに,われわれ国民一人ひとりの情報力と,判断力が試されている.


スポンサーサイト
[ 2012/05/19 22:37 ] 書き起こし | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://babisano.blog114.fc2.com/tb.php/366-fdf5f6b1